<> 「たのしみは 春夏秋冬季語に逢ひ 詩歌管絃游びゐるとき」 @歌童 北原白秋

北原白秋俳句集1

向日葵のゆさりともせぬ重たさよ

白雨や霧たちのぼる峰の松

ゆふだちに蝶々乱れ紫蘇畑

打水に濡れた小蟹か薔薇色に

母に手を曳かれて遠しせみの声


黍は青く片田の蓮(はちす)みな白し

茶の花にあはい余震を感じてる

行く秋や風白うして象(すがた)あり

せめてこの箸にもとまれ蜆蝶

徹夜の日の出ほろ苦い蕗の薹を焼いて

北原白秋俳句集2

七面鳥が出てゐて丘の薄ら陽

つくしが出たなと摘んでゐれば子も摘んで

林檎をかぢつて、夜、浪の音がしてゐる

孟宗のさむい揺れ円い月がある

物の音の冴える夜だ子も目をあいて


松笠の青さよ蝶の光り去る

青梅をひろふ子のぼんのくぼの陽

子を連れて草いきれの道曲つて見える

初夏の星座だ蜜柑の花がにほつて

ぱつたりとやんだ浪の音の夜のダリヤだ

北原白秋俳句集3

童子々々からたちの花が咲いたよ

ビールだコツプに透く君の大きい指

土筆が伸び過ぎた竹の影うごいてる

飯の白さ梅のわかばの朝

麦だけ青い密柑山霞む


新緑の町へ来る汽車の音です

曇り硝子のしめても向うの杉菜

熊蜂脚垂れて来た書斎あかるい

降れ降れ時雨小さき木魚をわれたたかん

枇杷の木に枇杷の花咲く冬至なる

歌童サイト内 検索フォーム
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
株主優待券