<> 「たのしみは 春夏秋冬季語に逢ひ 詩歌管絃游びゐるとき」 @歌童 石田波郷

石田波郷俳句集1

 鶴の眼

 春

バスを待ち大路の春をうたがはず

あえかなる薔薇撰りをれば春の雷

夜桜やうらわかき月本郷に

虎杖をむかし手折りぬ四月尽

 夏

苺食ひ談了りたる懐手

音も無き苺をつぶす雷の下

朝の虹ひとり仰げり新樹かな

昼顔のほとりによべの渚あり

プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ

石田波郷俳句集2

朝刊を大きくひらき葡萄食ふ

月青し早乙女ら来て海に入り

月光に手足漂ひ波のうへ

洗面のミルクに霧のうごきくる

日の出前五月のポスト町に町に


萩青き四谷見附に何故か佇つ

かなかなに母子の蚊帳すきとほり

飯食ひに出づるばうばうたる梅雨の中

百日紅ごくごく水を呑むばかり

倒れたる夜の向日葵酔眼に

独り見つつ椎の若葉をうべなへり

石田波郷俳句集3

 秋

雀らの乗つてはしれり芋嵐

秋の暮業火となりて秬は燃ゆ

秬焚や青き螽を火に見たり

颱風のカンナ咲き折れポスト立つ

寝かへれば秋風の音吹きかはる

吹きおこる秋風鶴をあゆましむ

 冬

寒卵薔薇色させる朝ありぬ

檻の鷲さびしくなれば羽搏つかも

霜の樹々一樹歪みて崖に向く

犬若し一瞬朱欒園を抜け

雪嶺よ女ひらりと船に乗る

寒林をしばらく兵のよぎりたり

冬青き松をいつしんに見るときあり

石田波郷俳句集4

 風切

 春

櫻餅闇のかなたの河明り

初蝶や吾が三十の袖袂

婆が手の蕨あをしも花曇

遠足や出羽の童に出羽の山

鱒生れて斑雪ぞ汀なせりける


最上川嶺もろともに霞みけり

花冷の顔ばかりなり雲の上

馬鈴薯の花野日数の旅了る

日洩れ来し谷を急ぎて実朝忌

がうがうと欅芽ぶけり風邪の中

石田波郷俳句集5



女来と帯巻き出づる百日紅

東京の辺や蝸牛の角伸びて

午すぎて旅に在りけりほととぎす

東京の椎や欅や夏果てぬ

ひとり煮て伽羅蕗辛き五月かな


牛の顔大いなるとき青梅落つ

十薬の花の十字の梅雨入りかな

雀らも西日まみれやねぶの花

雀らも海かけて飛べ吹流し

かなかなやまだ出てをりし茗荷の子

歌童サイト内 検索フォーム
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
株主優待券